煎茶道翼仙教室よくせん国内旅ブログ

旅好き茶道家よくせんの旅行ブログです。日本各地の地域文化の良さを発見し、それを発信します。日本の良さを表現できる茶道家になります!

【京都旅行ブログ】世界遺産「清水寺」周辺で行くべき観光スポット4選【大人の休日・デートにも】

【京都旅行ブログ】世界遺産清水寺」周辺で行くべき観光スポット4選

 

 

こんにちは!

煎茶道東叡山翼仙教室の翼仙(よくせん)です。

みなさん休日や連休はいかがお過ごしでしょうか。

私は時間があれば観光や旅行やアウトドアやらと、時間を惜しむかのように出かけています。

 

 

今回は祇園・東山エリアを旅行したときの記事です。

 美味しいグルメやインスタ映えスポット、可愛いお土産など大人の休日デートにも使える観光スポットでした。

 

 

【目次】

 

 

www.kiyomizudera.or.jp

音羽山清水寺(おとわやまきよみずでら)の開創は778年と言われ、平安時代のころからすでにあの場所にあったと言われています。

現代から遡ること約1200年前です

 

平城京(へいじょうきょう:今でいうと奈良県奈良市)で修行を積んだ仏教僧、賢心(けんしん)の夢に白衣の老翁があらわれ「北へ清泉を求めて行け」とお告げをしたことが清水寺の始まりだと言われています。

京都の東、音羽山の中腹に広がる13万平方メートルの境内には、国宝と重要文化財を含む30以上の伽藍や碑が建ち並びます。

 

 

 思い切って決心することを「清水の舞台から飛び降りる覚悟で…」と言いますよね。

写真にある清水の舞台では昔から雅楽、能・狂言、歌舞伎、相撲などの芸能が奉納されてきました。江戸時代、願掛けからこの舞台から飛び降りる人が増加し、その頃から「清水の舞台から飛び降りる覚悟で…」の言葉が使い始めたそうです。

 

 

 

音羽の滝=清水寺の由来!?

「この山々から溢れ出る清き水が、”滝(音羽の滝)”を流れ落ちる音が、鳥の羽音のように耳に響きわたる」と詠んで広まったことから「音羽」と名付けられたとも言います。

 

この音羽の滝は、古来から「黄金水」「延命水」と呼ばれ、「清めの水」として信仰されてきました。

向かって左:学業成就

真ん中:恋愛成就

向かって右:延命長寿

ãæ¸æ°´å¯ºãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

 

 

 

www.yasaka-jinja.or.jp

 

 

 

  • 八坂神社とは

かつては感神院または祇園社と呼ばれていましたが、明治時代に八坂神社と改めました。御祭神である素戔嗚尊(すさのおのみこと)が山城国愛宕郡八坂郷の地に祀られたためです。以来、この祇園地域の氏神様として崇拝されてきました。

 

 

  • 八坂神社はここを押さえて!

京都人にとって八坂神社のイメージを聞くと「お花見」と返ってきます。

八坂神社は京都随一のお花見スポットで、その中でも京都市民から一際愛される桜の木があります。

それがこちら「祇園しだれ」です。

f:id:yokusen:20180420132256j:image

正式名称は「一重白彼岸枝垂桜」と言い、現在は2代目の桜です。

京都の「桜守」が綺麗に咲くように管理し、昼間はもちろん、夜のライトアップでも美しく見れるようになっています。

 

 

優しいピンク色の桜は青空に映えますね。

天高く成長しています!

 

f:id:yokusen:20180420145451j:image

 

 

  • ちなみに

初代は、樹齢200年とも言われた名桜だったのですが、昭和22年(1947)に枯死してしまいました。
その後、第15代佐野藤右衛門により2代目が植えられ、現在に至ります。

佐野藤右衛門は、世界遺産御室仁和寺(おむろにんなじ)」の造園を代々担ってきた名門の庭師一族です。

 

 

この桜を見ながらお花見できたら最高です。

お花見発祥の地である京都で、最高の桜を見ましょう^^

f:id:yokusen:20180420145522j:image

 

 

背景に見える山が東山です。

八坂神社の裏手はすぐ山になっています。

f:id:yokusen:20180420145538j:image

 

 

  • 京都名物!?壱銭洋食(いっせんようしょく)

八坂神社の参道を、鴨川の方に歩いていくと繁華街の方で人だかりが見えてきます。

古い町屋を静かに見て歩く京都には似つかわしくない活気が。

実はここ、雑誌によく取り上げられている「粉もん」のお店なんです!

どこか雰囲気が大阪っぽい笑

f:id:yokusen:20180420132350j:image

 

 

テーブルに一台につき女性のマネキンが座っています。

1人のお客さんも多く、この可愛らしい人形さんがいれば平気ですね笑

タスキには「大日本国防婦人会」、、、いつの時代だ笑

f:id:yokusen:20180420132426j:image

お好み焼きのルーツとなった粉モノで、「1銭で食べられる洋食」だったことからこの名前になったそうです。

 中身は出汁で溶いた小麦粉を薄く引き伸ばして焼き、そのなかに九条ネギ・生卵・天かす・味付きコンニャク・牛肉を乗せ、最後にたっぷりとソースをかけたものなか。

ぱりぱりの皮とやわらかい小麦粉生地が病み付きになります!

 

 

店内は昭和レトロというか関西らしくボケボケの様子。

豊臣秀吉が仙台四朗にびっくりしています笑

f:id:yokusen:20180420132536j:image

 

 

かつての花街「祇園

それをイメージしてか、絵馬にはちょっとエッチな内容が笑

これも関西風のボケなんですかね!

f:id:yokusen:20180420132549j:image

 一見の価値ありです!

ぜひ行ってみてください^^

 

 

  • 京都最古の禅寺にして日本最古の茶苑がある!?800年の歴史「建仁寺

www.kenninji.jp

 

f:id:yokusen:20180420145645j:image

 

 

アクセス:京都市東山区大和大路四条下ル小松町584

交通機関:市バス「東山安井」下車徒歩約5分

 

 

 

賑やかな祇園の花街のど真ん中に位置しており、その広大な境内は花街とは対照的に静けさで満ちています。臨済宗の開祖である栄西禅師によって開山され、京都五山第三位の格式を誇ります。広大な境内には多数の塔頭寺院があり、風神雷神図屏風を始め多くの文化財を所有していることでも有名です。

 

 

  • 天龍図が見れる法堂

なんと明和2年(1765年)に出来たお堂です。

法堂とは、住職が説法をする場所であり、本尊を置く建物のことです。
その天井には平成14年(2002年)創建800年を記念して「小泉淳作画伯」筆の双龍が描かれました。

f:id:yokusen:20180420145559j:image

 

 

こちらが天龍図のイメージです。

龍が睨みをきかせてますね。åé¾å³ï¼å»ºä»å¯ºï¼

 

 

  • 日本最古!?800年前の茶園

建仁寺を開山された栄西禅師が、中国から茶種を持ち帰って日本において栽培を奨励し、喫茶の法を普及されました。その茶種を植えたのがこの建仁寺の茶苑だと言われています。

f:id:yokusen:20180420145628j:image

 

 

茶苑の横には説明書があります。

枝垂れ桜が良いコントラストに。

f:id:yokusen:20180420145616j:image

 

 

 

 

  •  大正時代に静岡から移築した山門

空門・無相門・無作門の三解脱門です。

法堂に行く前に身も心も清めます

f:id:yokusen:20180420145718j:image

 

 

「御所を望む楼閣」という意味で、「望闕楼」

空門・無相門・無作門の三解脱門からなり、楼上には釈迦如来、迦葉・阿難両尊者と十六羅漢が祀られていますf:id:yokusen:20180420145728j:image

 

 

 

・煎茶道家「よくせん」とは~「はじめての煎茶道教室in大阪」開講しました!

http://yokusen.hatenablog.com/entry/2019/12/07/142829

 

・煎茶道 黄檗賣茶流教授 東叡山翼仙(とうえいざんよくせん)とは!

http://blog.hatena.ne.jp/yokusen/yokusen.hatenablog.com/edit?entry=26006613537354011

 

  • SNS、HPはこちら!フォローお願いします。

 

・インスタグラム

www.instagram.com

 

煎茶道翼仙教室オンラインお稽古のホームページはこちら。

https://yokusenchadou.online/

 

ツイッター

twitter.com

 

アメブロ

ameblo.jp

 

・旅好き茶道家よくせんのブログ「国内旅行編」

yokusen.hatenadiary.jp

煎茶道 黄檗売茶流教授 東叡山翼仙

(せんちゃどう おおばくばいさりゅう とうえいざんよくせん)

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

 

 

【宮城旅行ブログ】大崎市の吊るし雛【宮城の伝統文化】

【宮城旅行ブログ】大崎市の吊るし雛【宮城の伝統文化】

 

 

こんにちは。

旅好き茶道家のよくせんです。

今回は私の地元である宮城県大崎市の伝統文化「吊るし雛」についてです。

 

 

【目次】

 

 

詳細

日時:2月23日~3月3日(桃の節句)毎年桃の節句前に開催してます。

場所:宮城県大崎市古川の商業施設「醸室(かむろ)」や古川駅構内

アクセス:古川駅から徒歩15分

URL:大崎市 つるし飾り|きっこまざぎ教室 - 大崎エリアの地域情報サイト|エブリーおおさき - 大崎市の音楽&アート アート 教室

 

 

  • 用語解説

節句とは…暦法で定められた季節の変わり目のことです。古代中国では、暦の中で奇数の重なる日を取り出して(奇数(陽)が重なると 陰になるとして避けられていた)邪気を祓う行事していました。その行事と日本の文化が融合して生まれたのが節句の行事です。

 

桃の節句とは…3月3日の節句のこと。旧暦の3月3日の頃に桃の花が咲くことや、桃は魔除けの効果を持つことが由来。「ひいな遊び」と言われる人形遊びと、人形に自分の厄災を移して海や川に流してお祓いをする「流し雛」が合わさって、「雛祭り」の原型となったと言われています。これが江戸時代に庶民にも伝わり、女の子のお祝いの儀式として定着していったそう。雛人形を飾り、災いがふりかからないように、また、美しく成長して幸せな人生を送れるよう願いを込めて飾るようになったのでしょうか。

 

つるし雛とは…縮緬や裂など使わなくなった布でひな人形を模してつくり、それを紐で吊るして飾ったもの。江戸時代後期からひな壇を飾る資力のない家庭でつくられたものが全国的に広がったようです。

 

 

  •  吊るし雛写真集

昔の酒蔵をリノベーションした会場には圧巻の「つるし雛」

鮮やかな色合いで美しい。

f:id:yokusen:20180303135202j:image

 

 

近くで見てもすごいですね。

生命力の象徴と言われる赤色、植物が芽吹くこの時期にぴったりの色合いです。

f:id:yokusen:20180303135025j:image

 

 

紫色の雛もあります。

f:id:yokusen:20180303135038j:image

 

 

エビの雛人形

エビは長寿なので縁起ものです。

f:id:yokusen:20180303135046j:image

 

 

桃のひな人形。

桃の節句にちなみ鮮やかで良いですね。

f:id:yokusen:20180303135052j:image

 

 

雛ダルマ。

何回でも起き上がる健康な子に育つように。

f:id:yokusen:20180303135057j:image

 

 

ちゃんとひな壇もあります。

女の子のひな人形がたくさんありますねー

f:id:yokusen:20180303135102j:image

 

 

金魚すくい雛人形

細かく出来てますね。

f:id:yokusen:20180303135112j:image

 

 

  •  吊るし雛の意味とは

人形にも色んな意味があるんですね。

f:id:yokusen:20180303135117j:image

他にも

〇はまぐり:女の子の美徳と貞節を意味する
〇はす:穴が開いていることから、見通しのいい人生を意味する
〇海老:海老の赤は生命を表す
〇まめ:健康でまめに働くことを意味する

などなどバリエーション豊富です。

 

 

ワークショップも開かれています。

30分ほどでオリジナルの雛人形が作れるようです。

f:id:yokusen:20180303135122j:image

 

 

  • おまけ

醸室には土着の信仰「釜神様」が飾られています。

顔が怖い!!

そして大きい!!

f:id:yokusen:20180303135129j:image

 

 

釜神神社も併設されています。

大崎市独自の文化ですね。

f:id:yokusen:20180303135134j:image

 

  • 道家よくせんのSNS、ホームページはこちら。

フォローよろしくお願い致します。

 

・インスタグラム

www.instagram.com

 

・ホームページ

https://kissaekyoto.wixsite.com/yokusen

 

ツイッター

twitter.com

 

アメブロ

ameblo.jp

 

・旅好き茶道家よくせんのブログ「煎茶道編」

yokusen.hatenablog.com

 

翼仙

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

 

【山形旅行ブログ】山形観光1番人気「銀山温泉」の楽しみ方6選【大人の休日・日帰り・デートにも】

こんにちは。

宮城の旅好き茶道家の翼仙です。

今回は宮城県大崎市から山形の人気№1観光スポット「銀山温泉」に向かいました。

 

 

大崎市から車で1時間30分、一言でいうと「山深くにある秘湯」

冬の銀山温泉は一味違いました、、、

 

 

場所:冬の銀山温泉 

住所:山形県尾花沢市銀山温泉

料金:散歩だけだったら無料。日帰り入浴は各旅館によって異なります。

目的:数百年続く銀山温泉の文化とは?

 

【目次】

 

その①銀山温泉とは、、、

古く16世紀に銀鉱が発見され、江戸時代には公儀山として栄えた銀山。現在は木造三層四層の旅館が軒を並べる大正ロマン温泉街として注目を集めています。風格のある落ち着いた町並みには見どころも多く、四季を通じて人々が訪れます。

 

 

年明け1月の土日、車で大崎市から銀山温泉に向かいました。

大崎市から一山越えると山形に入るんですが、景色がガラッと変わります。

ご覧ください。背丈を越えるほどの雪、雪!雪いいい!!!

f:id:yokusen:20180302202125j:image

 一山超えると、そこは雪国だった。。。

積雪量2メートルは軽く積もっているのではないでしょうか。

 

 

 到着後、駐車場から銀山温泉いくまでの道のりもすごい。

軽く僕の身長(170センチ)ぐらいの雪が積もっています。

f:id:yokusen:20180227131955j:image

 

 

その②銀山温泉の名物「ガス灯」

夜になると明かりが燈され、ノスタルジックな雰囲気に一変します。

景観を守るって大事ですね。

大正ロマンあふれる街並みを、どこかタイムスリップした気に。

f:id:yokusen:20180227131957j:image

そんなガス灯もこの冬の寒波でツララがすごいことに笑

雪国ならではの風景ですね。

 

 

その③銀山温泉名物の「白銀の滝」

なぜここが白銀と呼ばれているのか、冬に来てようやく分かりました。

まわりに真っ白な雪が積雪し、日光が反射して白銀の世界。

すごい勢いで流れるこの滝は、雪が降った日にこそとても美しくみえます。。。

f:id:yokusen:20180227131946j:image

 

 

その④大正ロマンの面影…

お待たせしました。

銀山温泉のメインストリート。

大正、昭和時代をそのまま残した温泉街。

美しい。。。

f:id:yokusen:20180227173115p:plain

 

 

夜には光が燈り、やさしく幻想的な雰囲気に。。。

温かなガス灯の暖色が、暗闇に浮かび上がる様はどこか異世界にきたかのよう。

中央に流れる小川には、川魚が元気に泳いでます。

f:id:yokusen:20180227180052p:plain

 

 

中央の清らかな川の上にかけられた木造の橋もいいですねー。

こういう一つ一つの情緒あるものが積み重なってこの情景が生まれるんですね。

昔ながらの感じで景観が良いです!

f:id:yokusen:20180227132001j:image

 

 

川沿いに立ち並ぶ12軒の温泉旅館と雑貨屋さん。

さすがに大きいですねー!まさかこんな山奥にこんな場所があるなんて誰が想像できたでしょうか。

建物は日本最高峰の木造建築と言われた飛騨地方の建築(ハーフティンバー)に似ていますね。

f:id:yokusen:20180227131948j:image

それにしても木組みで漆喰の白壁、土台にはナマコ壁というザ・和風建築。

 当時の建物をリノベーションして使っていて、ここを歩いているとタイムスリップしてきたかのようにです。

 

 

男女2人で手をつなぎ歩くカップルが絵になります。

こんな場所でデートしたらロマンチックで良いですね^^

投稿写真

 

 

 

その⑤日本最高の積雪量!?

屋根に積もる雪がすごいいいいんです!!

山形県は豪雪地帯、屋根に登って雪かきをするんです。

2018年、寒波の影響でものすごい積雪量で有名になった山形県の肘折地方、実はこの近くにあるんです。

f:id:yokusen:20180227131945j:image

2メートルは積もっているんじゃないでしょうか。

とにかくすごい光景、、、落雪の音もすごいんです。

「ズドンッ!!!」何事かと!!屋根に登って雪掻き!!

これも山形ならではの景色ですねー^^

 

 

 

その⑥こて絵って何…!?

銀山温泉の最大の特徴でもある鏝絵(こてえ)。

鏝絵とは、日本で発達した漆喰で描くレリーフ浮き彫り細工)のことで、左官職人が左官ごてを使用して仕上げることからこの名前になったようです。

各旅館の壁に描かれています。

f:id:yokusen:20180228103438p:plain

 

 

創業者の名前が描かれた鏝絵。

能登屋という旅館で、国の重要文化財に指定されています。

能登屋は木造三階建ての建物で二層の望楼が付いています。



また、能登屋の創業者・木戸佐左エ門の名を記した大看板は一見の価値があります。

 

 

その鏝絵の進化系?

漆喰で作られた鏝絵人形が飾られています!

それがここ築90年の木造旅館「古山閣」の入口にあります。

www.kozankaku.com

f:id:yokusen:20180227131954j:image

 

 

ちょこんっと座って手招きする姿がどこか可愛いお多福さん。

「こっつあございん」と東北弁で優しく呼ばれてるみたいで可愛い。

f:id:yokusen:20180227131951j:image

 

 

招きお多福人形の隣には中国黄山の伝説で有名な迎客の松をモチーフにした

鏝絵の置物があります。

これを漆喰だけで作るとは、、、線も細かく幹部分もすごいリアルに作られています。

職人技ですねー。

f:id:yokusen:20180227131959j:image

この鏝絵が発達した背景には、この旅館の建築が影響していそうです。

江戸時代、庶民にとって漆喰は手にはいりにくくものでした。

寺社仏閣や武家屋敷には使われていましたが、一般庶民の住宅は木舞下地と呼ばれる土壁でした。

 

 

 ここ銀山温泉は、まわりが炭鉱や地層が固く、漆喰の原材料が入手しやすいため東北の中でも鏝絵が発達しやすく、このような珍しい建物が残っているのだと考えられます。

 

 

また昔はそれほど賑わっていたのだと思われます。

銀の採掘地域は幕府の天領タックスヘイブンにになります。

冬の農閑期に出稼ぎ出来る場として、廃鉱後は湯治場として活躍してきた。

東北の民衆文化が残っている貴重な場所ですね^^

 

 

その⑦お土産

お土産に笹団子を買って帰宅。

甘くて美味しい!笹の香りが和菓子らしくて良いです^^

f:id:yokusen:20180227132029j:image

 

道家よくせんのSNS、ホームページはこちら。

フォローよろしくお願い致します。

 

・インスタグラム

www.instagram.com

 

・ホームページ

https://kissaekyoto.wixsite.com/yokusen

 

ツイッター

twitter.com

 

アメブロ

ameblo.jp

 

・旅好き茶道家よくせんのブログ「煎茶道編」

yokusen.hatenablog.com

 

翼仙

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

【京都旅行ブログ】京都観光で1番人気の最強お花見スポット「原谷苑」【大人の休日・日帰り・デートにも】

 こんにちは。

旅好き茶道家のよくせんです。

今回は私の第2の故郷(自称ですがw)京都の花見の名勝である

原谷苑にやってきました

 

 

京都の花見の名所というと円山公園とか哲学の道とか言われますが

この原谷苑はおそらく京都最強の桜スポットかと。

それぐらいすごいです。

 

 

【目次】

 

 

 

  • 原谷苑とは

原谷苑とは一般公開される個人庭園です。

入苑料金は、見頃によって価格が変る変動制で、最高料金は1,500円です。

見ごろは毎年4月の上旬ですが、遅咲きの黄桜や御室桜も植樹されていて5月まで楽しめるようです。

 

  •  他と違うお花見スポット原谷苑の見所は

 見所は何と言っても。苑内一面360度の桜です。

主に枝垂れ桜が中心ですが、もうすごいです。

桜天井、桜カーテン、桜が乱れ咲いています。

 下に写真を載せてますのでご覧下さい。

 

 

  • アクセス

住所:京都府京都市北区大北山原谷乾町36

 

・徒歩ルート(山道で車道を歩くことになります)

→御仁和寺より、約2.1km  (所要時間:約30~40分)

鹿苑寺金閣より、約2.2km。 (所要時間:約30~40分)

シャトルバスルート(おすすめ)

わら天神宮前付近と原谷苑西門の間をピストン運行しています。

わら天神宮前発が午前9時始発、午後4時最終便です。

バス停の場所は、わら天神の鳥居前にあります。

スタッフの人がいるので聞いてみましょう。

f:id:yokusen:20180407114057p:plain

 

 

 

  •  満開時の写真集

2018年4月2日時の写真です。

それではご覧ください。

まさに絶景でした。

f:id:yokusen:20180403012958j:image

360度の枝垂れ桜は圧倒されます。

快晴時は青空とピンクのコントラストでまるで桃源郷のような雰囲気です。

 

 

紅枝垂れが多いようで、鮮やかなピンク色でずっと見ていたくなります。

f:id:yokusen:20180403013012j:image

 

 

苑内では事前予約でランチをすることができます。

その際の会場がこちらの建物。

苑内の中心部分にあり、桜に囲まれた絶景ポイントです。

f:id:yokusen:20180403013021j:image

 雪柳や菜の花、唐紅葉や枝垂れ桜など色とりどりの花に囲まれ、まるで天国のよう。

 

 

まだ蕾もありますね。

苑内には遅咲きの桜も植えられています。

f:id:yokusen:20180403013041j:image

 

 

 桜天井(命名:僕w)

桜が上から降ってくるようです。

まるで桜のシャワーです。

f:id:yokusen:20180403013048j:image

 

 

f:id:yokusen:20180403013108j:image

 

 

しゃくなげと枝垂れ桜。

f:id:yokusen:20180403013132j:image

 

 

 

f:id:yokusen:20180403013136j:image

 

 

苑内にはイスや東屋も設置しております。

桜を見ながらゆったりとした時間を過ごせますね。f:id:yokusen:20180403013154j:imagef:id:yokusen:20180403013232j:image

 

 

 365日でたった10日ほどしか咲かない桜が、これほど人を集めるなんてすごいことですね。日本人はサクラが好きなんだなあ。

人が思い思いに桜を愛でて、ただそれだけなのに1年の楽しみになっている。

美しい時間だなあと思いました。

f:id:yokusen:20180403013243j:image

 

  • 過去の原谷苑の桜の開花状況

原谷苑の桜の開花は、例年4月上旬です。
紅枝垂桜の見ごろは、4月中旬頃となっています。

遅咲きの桜も植えられているので、4月下旬に訪れても楽しめます。

平成27年(2015)の開花状況
平成27年(2015)3月24日:咲き始め。
平成27年(2015)4月2日:見ごろ。
平成27年(2015)4月7日:まだ見頃です。
平成27年(2015)4月14日:見頃は過ぎていますが、楽しめます。
平成27年(2015)4月17日:まだ見る事が可能です。

平成28年(2016)の開花状況
平成28年(2016)3月26日:開園。
平成28年(2016)3月28日:苑全体、咲き始め。
平成28年(2016)3月31日:苑全体、見頃手前。
平成28年(2016)4月1日:ほぼ満開の桜あり。
平成28年(2016)4月4日:満開、見頃です。
平成28年(2016)4月8日:見ごろ継続中。

平成29年(2017)の開花状況
平成29年(2017)3月28日:まだつぼみ多し。
平成29年(2017)4月5日:咲き始めています。ただ見頃ではありません。
平成29年(2017)4月10日:見頃手前。
平成29年(2017)4月15日:満開です。
平成29年(2017)4月17日:まだ見る事が出来ます。

 

  • 道家よくせんのSNS、ホームページはこちら。

フォローよろしくお願い致します。

 

・インスタグラム

www.instagram.com

 

・ホームページ

https://kissaekyoto.wixsite.com/yokusen

 

ツイッター

twitter.com

 

アメブロ

ameblo.jp

 

・旅好き茶道家よくせんのブログ「煎茶道編」

yokusen.hatenablog.com

 

翼仙

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

【京都旅行ブログ】金閣寺周辺で見るべき観光スポット3選【世界遺産・国宝の仁和寺と桜の楽園】

煎茶道おすすめの世界遺産金閣寺周辺の観光スポット3選

こんにちは。

旅好き茶道家のよくせんです。

今回は、日本人なら誰もが一回は行ったことがあるであろう京都の世界遺産金閣寺」周辺の観光スポット3選をご紹介します!

 

 

私は修学旅行で行ったきりでしたが(高校時代ですね、懐かしい…)

子供のころと大人になった今では物事の見方が変わってくるんですよね。

大人の休日にぜひぜひ♪

 

 

この記事では、定番観光スポットの楽しみ方に加え、旅好きウンチク好きの私がぜひ見てほしいポイントも含め書いてみました。

ぜひ最後まで飛ばさずにご覧ください。笑

 

 

【目次】

 

 

 京都①その歴史1100年!?世界遺産で国宝「御室仁和寺(おむろにんなじ)」

仁和寺は仁和4年(888)に創建された寺院であり、現在は真言宗御室派の総本山です‼️(888年って縁起がいいですねー)

境内には五重塔や二王門など江戸時代に建立された建造物が並びます。

平成6年には世界遺産に登録されました✨

www.ninnaji.jp

ーーーーーー基本情報ーーーーーーー

名称:御室仁和寺

ふりがな:おむろにんなじ

連絡先:075-461-1155

営業時間:3~11月9:00~17:00(受付終了16:30)、12~2月9:00 ~16:30(受付終了16:00)

拝観料:境内無料、御殿500円、霊宝館500円

アクセス:市バス「御室仁和寺」下車すぐ

ーーーーーーーーーーーーーーー

 住所:京都府京都市右京区御室大内33

 

 

  • 近づくものを圧倒する!!約20mの仁和寺の山門!!

ここは要チェックです。

こんな立派な山門は京都でしか見れません。

高さは18.7mで重層、入母屋造、本瓦葺。門正面の左右に阿吽の二王像、後面には唐獅子像を安置します。

f:id:yokusen:20200731060305p:plain

京都金閣寺周辺のおススメスポット「仁和寺

 山門とは「三解脱門」と呼ばれ、仏教を学ぼうとする者だけだが通れる関所です。

邪な気を入らせないためにも、こんなに荘厳にしているんですね。

 

 

 

私がなぜ門が好きかというと、門というのは他の文化財と比べてそのままの形で残っていることが多いんですね。仏像や仏具などは後生大事にされて参拝できないことが多いのですが、たとえばこの中門にある「西方天」は国指定文化財ですが、そのまま飾られています。

文化財が博物館に飾られず、仏像としての役割を果たしながらそこにいるのです。

つまり生きた仏像なんです。

これはすごいことだと思うんですね。

f:id:yokusen:20200731060408p:plain

京都仁和寺の仁王門

 

他県にあったらこの門だけで観光名所になるんじゃないでしょうか。

でもこれでとどまらないのが京都なんです、、、

 

 

お釈迦様の遺骨があると言われている寺院で最も重要な場所の1つ「五重塔

インドなど昔の仏教国ではストゥーパ(仏塔)と呼ばれ、1番の聖域になります。

 

 

現地に行ってこの写真の角度で塔を見上げてみてください。

どうやって1000年も前に作ったのか、どんなテクノロジーが京都にあったのか。

左右対称のシンメトリー、なぜこんなにも美しいのか。

絶対にこれは見て下さい。圧倒されます。

f:id:yokusen:20200731060449p:plain

京都仁和寺にある五重塔

 

 

そして参拝される時期は春をおススメします。

なぜならば、仁和寺といえば「御室桜🌸」と言われるほど京都随一の桜の名所なのです。

f:id:yokusen:20200731060532p:plain

京都仁和寺にある五重塔と桜

境内には桜や菜の花、唐紅葉や雪柳など色鮮やかで多種多様な植物が咲いており、まるで桃源郷のような美しさです✨

 

 

  •  京都随一の桜スポット「御室桜」

境内には桜苑があります。

さきほどご紹介した仁和寺名物「御室桜」

少し背の低い、遅咲きで白い花ビラが特徴的な桜です。

 

f:id:yokusen:20200731060601p:plain

京都仁和寺にある御室桜(おむろざくら)

 

 

桜苑から五重塔を撮影。

綺麗ですねー!

都に来たなーって感じです。

f:id:yokusen:20180408162339j:image

 

 

桜苑入口。

この時期は観光客の方でにぎわいます。

朝早くに観光されることをおススメします。

f:id:yokusen:20200731060653p:plain

京都仁和寺の御室桜(おむろざくら)

 

 

入母屋造で本瓦葺の屋根の鐘楼。

普通のお寺ではありえません。

だって鐘楼ですよ?

釣鐘を吊るす建物をこんな厳重に建築するなんて、なかなか見られません。

それはここが皇族ゆかりのお寺というのも関係してきます。

f:id:yokusen:20180408162724j:image

「鐘楼」の「楼」とは元来二階建ての建物を指します。階上は朱塗で高欄を周囲に廻らせ、下部は袴腰式と呼ばれる袴のような板張りの覆いが特徴的です。 

 

 

  • 仁和寺のメインディッシュ「金堂」ー国宝

御所 内裏紫宸殿を寛永年間(1624〜43)に移築したものです。

つまり天皇陛下がお住まいになられてた、当時の最高技術が使われた建物です。

現存する最古の紫宸殿であり、当時の宮殿建築を伝える貴重な建築物です。

f:id:yokusen:20180302201754j:image

 

 

慶長年間造営の内裏 清涼殿の一部を賜り、寛永年間に再建されたもので、蔀戸の金具なども清涼殿のものを利用しています。

こちらも同じく天皇陛下が使用されていた建物の一部を使用して作られたものです。

f:id:yokusen:20180302201840j:image

このレベルが普通に見れるって、もうさすが京都ですよね。

地方じゃこのお堂1つで観光名所として成り立つんじゃないでしょうか。

 

 

  1.  360度の桜の絶景!!「原谷苑」

  • 原谷苑とは

原谷苑とは一般公開される個人庭園です。

入苑料金は、見頃によって価格が変る変動制で、最高料金は1,500円です。

見ごろは毎年4月の上旬ですが、遅咲きの黄桜や御室桜も植樹されていて5月まで楽しめるようです。

 

  •  他と違うお花見スポット原谷苑の見所は

 見所は何と言っても。苑内一面360度の桜です。

主に枝垂れ桜が中心ですが、もうすごいです。

桜天井、桜カーテン、桜が乱れ咲いています。

 下に写真を載せてますのでご覧下さい。

 

 ーーーー基本情報ーーーー

名称:原谷苑

ふりがな:はらたにえん

住所:〒603-8487 京都府京都市北区大北山原谷乾町36

連絡先:075-461-2924(開苑中)

営業時間:9:00~17:00(受付終了16:30)

拝観料:1,500円 ※開花状況により変更の場合あり

アクセス:市バス「原谷」下車すぐ

ーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

ご覧ください。

本当に一面が桜なんです。

f:id:yokusen:20180408162819j:image

 

 

紅枝垂れ桜が多く、歩くと桜が寄り添ってくるようです。

それほど桜との距離が近いんです。f:id:yokusen:20180408162830j:image

 

 

苑内には事前予約制でランチが食べれます。

その場所がここ。

様々な植物に囲まれ、まるで桃源郷です。

苑内のベストポイントです。

f:id:yokusen:20180408162852j:image

 

 

青山壮にかかる桜。

青空とピンクの桜のコントラストが美しいですね。

f:id:yokusen:20180408162905j:image

 

 

桜アーチの中を歩く人々。

この桜の天井の下を歩くと別世界にいるようです。

f:id:yokusen:20180408162804j:image

 

 

 

 

  1. 日本人なら誰でも知っている世界遺産金閣寺

【詳細】

世界遺産金閣寺

アクセス:京都市交通局:市バス路線図

京都市営バス205系統「四条河原町」→「金閣寺道」

ホームページ:臨済宗相国寺派

 

 

まず金閣寺の歴史や名前の由来を整理しよう。

正式名称を鹿苑寺といい、相国寺塔頭寺院の一つです。

塔頭とは本寺の境内(けいだい)にある小寺のことです)

元は鎌倉時代の公卿、西園寺公経の別荘を室町幕府三代将軍の足利義満が譲り受け、山荘北山殿を造ったのが始まりとされています。義満の死後、遺言によりお寺となりました。

 

天龍寺庭園で有名な夢窓国師を開山とし、義満の法号鹿苑院殿から二字をとって鹿苑寺と名づけられました。

 

その②実際に行ってみた!

改めて金閣寺に行くとなると緊張しますね。

なにせ京都観光の定番スポットで、日本人なら全員が訪れたことがあるのでは

今回は市バスで向かうことにしました。

 


市バス「金閣寺道」に着くと徒歩5分で金閣寺

優美な庭園と煌びやかなお寺を見ることが出来ます

 

 

金閣寺の良さは、このお庭からの景色だと思います。

鏡湖池(きょうこち)という池で、水辺には杜若(かきつばた)が綺麗に咲いてます。
杜若は5月の花なので、見頃は5月の下旬から6月上旬です。
投稿写真

 

 

杜若は古来より日本人に愛されてきた植物ですね。

有名なのは愛知県の歌枕にもなっている伊勢物語における八橋の話。

それが後世に受け継がれ、尾形光琳「八橋図」など生まれ、現在では愛知県の県花にもなっています。

ç»å

 

 


市バスでここまで来ると、「きぬかけの路(近くにある衣笠山に由来)」という看板がよく目に入ります。
この辺のベターな観光をするとなると、このきぬかけの路を歩くことになります。
石庭で有名な龍安寺妙心寺、御室桜の仁和寺(にんなじ)、梅苑の北野天満宮、大欅の平野神社などお庭が綺麗な寺社仏閣があり、1日かけて廻ることが出来ます。

f:id:yokusen:20180409205031p:plain

 

 

しかし金閣寺もそうですが、仁和寺龍安寺世界文化遺産です。
こんな近くに世界文化遺産が集まってるってやっぱり京都はすごいですねびっくり

 

 

そしてこの金閣寺もお庭がメインだったりします!
かつては室町時代の将軍「足利義満」の山荘だったので、庭園に力を入れてます。お寺の厳粛な雰囲気よりかは、宮廷の雅な鮮やかな文化が感じられるお庭です!

 


室町時代に作られた山荘ということで、当時の定番である池泉回遊式庭園(鏡湖池を中心にぐるっと周りながら景色を楽しむ)であり、水辺には紅葉の木、杜若など四季を楽しめる工夫がされています。
投稿写真
そして何よりこの池の見所は夕方なのです♪

 

 

池の近くにある茶室「夕佳亭(せっかてい)」
水面にうつる夕日が佳い(よい;美しい)ことから名付けられた茶室です。
修学院離宮の造営で有名な後水尾上皇か名付けたそうなので、夕方が1番良いんでしょうね!
{8BA824F9-BDC0-4199-8F69-8B16C0CA568B}
お茶をして、池を見ながら夕日を楽しむ。ちょっと飽きたら池に船を浮かべて四季の花を楽しむ。
室町の人たちって考え方がオシャレだったんですね。

ããã£ãã¦ã éé£å¯ºãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

こんな茶室欲しいですね。。。

 

 

 以上おススメ3点ご紹介させていただきました。

いかがだったでしょうか。

京都は一回の旅行だけでは観光しきれなくらい名所があります。

次の記事では寺社仏閣以外のグルメやインスタ映えスポットも紹介できればと思います。

 

 

  • 道家よくせんのSNS、ホームページはこちら。

フォローよろしくお願い致します。

 

・インスタグラム

www.instagram.com

 

・ホームページ

https://kissaekyoto.wixsite.com/yokusen

 

ツイッター

twitter.com

 

アメブロ

ameblo.jp

 

・旅好き茶道家よくせんのブログ「煎茶道編」

yokusen.hatenablog.com

 

翼仙

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

【京都旅行ブログ】大徳寺周辺で行くべき観光スポット4選【女性におススメ玉の輿パワースポット・日本最古で最強スイーツ】

こんにちは。

旅好き茶道家のよくせんです。

今回は京都北区にある人気観光スポット大徳寺を中心に絶品スイーツがあるカフェや神社を観光します。

 

 

昔から、京都御所の北部は天皇さんが鷹狩りで使われる禁足地でした。、

紫野と呼ばれ高貴な紫という色の地名が付いたとか。

 

 

それを受け継いでか、京都北部というのは清水寺や嵐山とは空気感が違います。

閑静な住宅街でありながらもピリッとした雰囲気が感じられます。

 

 

めちゃくちゃ古い神社やお寺が沢山立っています。北というのは鬼門ということもあり、皇族が関係する寺社もちらほら。

 

 

そんな京都市北区を紹介します!

 

【目次】

 

 

  • 女性必見!?玉の輿スポット!京都西陣を守る1000年の歴史「今宮神社」

ホームページ:今宮神社

 

 

 

市営バス停「今宮神社前」から徒歩2分、人通りの少ない小路を抜けると今宮神社の正門である朱色の楼山門が見えてきます。

楼とは「2階付き」という意味で、これほど高く、木組みがしっかりした門は中々お目にかかれません。(さすが京都です)

青空と朱色のコントラストがいいですね。

f:id:yokusen:20180410103445j:image

 

 

 

神社を見てるとつくづく思うのですが、本当に美しい形をしていますよね。

飾り過ぎず、主張が激しい西洋風の色遣いもしない。

けれど信じられないような高度な技術が使われています。

このような生きている文化財を無料で観れるというのがもうたまらないですね(日本に生まれてよかったー笑)

f:id:yokusen:20180302174529j:image

 

 

向かって右斜めからの拝殿の撮影(ここから撮るのが一番キレイにとれると思っています笑)

向拝は銅葺唐破風屋根で、上に千鳥破風がある二段破風屋根になっています。

屋根が前にのめり出るように建てられていますが、まるで神様が参拝者の頭上を優しく守ってくれるようですね。

(向拝とは仏堂や社殿の屋根の中央が前方に張り出した部分のこと。)

f:id:yokusen:20180302174538j:image

 なぜ人通りが少ない小路にある今宮神社がこんなに立派なのか。

実はタイトルにもあるように、玉の輿が関わってくるんです。

その玉の輿に乗ったのは、日本史上一のシンデレラガール「桂昌院(けいしょういん)」という女性です。

 

 

桂昌院は、寛永5年(1628)、西陣で八百屋の次女に生まれ、名をといいました。(だから玉の輿なんですね!)公家二条家に出入りの本庄宗利の娘となり、関白家の鷹司孝子に仕えましたが、やがて孝子が将軍家光に入嫁するのに伴われて江戸城に入り大奥で仕えているうち、春日の局に認められて家光の側室となり、後に五代将軍となる綱吉を生んでその生母となりまりした。

f:id:yokusen:20180302174553j:image

なるほどーそういう歴史なんですね!

お玉さんは今宮社への信仰も厚く、神社の復興へ貢献したことから、この地の人々にいたく尊敬され、今でもその伝承が受け継がれているそうです。

 

 

境内では「玉の輿お守り」も販売されているようです。

ぜひお守りを買って、玉の輿に乗ってください!!

f:id:yokusen:20180418183638p:plain

 

 

お賽銭箱には十六菊花紋と三段松。

吉祥の三段松と天皇家の家紋であるこの菊の紋を同時に使えるのは相当格の高い神社だということです。

神社から玉の輿パワーをもらうためにもお賽銭をして、しっかり参拝をしましょう!

(男性諸君もしっかり参拝して逆玉を狙ってくださいね笑)

f:id:yokusen:20180302174653j:image

 

 

  •  京都最古の和菓子!?1000年続くスイーツ「あぶり餅」

参拝が終わり三段松の布がかけられている中門から外に出ると、まるで江戸時代にタイムスリップしたみたいな街並みがあり、そこに2軒のお茶屋さんがあります!

なんとここ、日本最古の和菓子屋なんです(諸説あり)

名物「あぶり餅」は今宮神社にきたら必食のスイーツなんです!

f:id:yokusen:20180410103308j:image

 

 

2軒あるうちのおススメはこちら!

tabelog.com

 

 

通称「一和さん」

歴史が深く、京都最古どころか日本最古といわれています。

さっそくはいってみましょう。

f:id:yokusen:20180410103802j:image

 茶室のような喫茶スペースが用意されていて、ゆっくりした時間が過ごせます。

 

 

あぶり餅(あぶりもち)は、きな粉をまぶした親指大の餅を竹串に刺し、炭火であぶったあとに白味噌のタレをぬった餅菓子、または串に刺してあぶったおかきや煎餅のこです。

f:id:yokusen:20180302174639j:image

一和は世界で一番歴史が長いスイーツ店と言われています。

その歴史は長く、千利休の茶菓子として使われたり、応仁の乱で復興のために振舞われたりとその歴史の長さはまるで1つの国のようです。。。1000年続く国ってそもそも世界にあるのでしょうか、、、

 

 

今宮神社から徒歩5分、京都の有名な禅寺「大徳寺」に到着します。

詳細はこちら→大徳寺 : 臨済・黄檗 禅の公式サイト

 

 

境内に入るといきなり目に入るのが大徳寺の朱色の山門。

扁額には「金毛閣」の字が。ピンときたかもいらっしゃるのではないでしょうか。

なんとここ、茶道の神:千利休(せんのりきゅう)切腹の原因になった門なのです!

f:id:yokusen:20180410103339j:image

 この山門の2階部分は千利休が寄進したもので、その縁でワラジを履いた利休の木像が置かれていました。豊臣秀吉は、ワラジをはいた利休の下を通れるか!という難癖をつけて切腹に追い込んだと言われています。

 

 

木枠が漆に塗られた花頭窓

花頭窓とは、上部が尖頭アーチ状の窓のことです。 
華頭、火頭、花灯、華灯、火灯、瓦灯、架灯などとも書かれます。 

まるで釣鐘のようですね。お寺に合います。

f:id:yokusen:20180410104309j:image

 

 

大徳寺にはたくさん庭園がありますが、その中でも一番のおススメが「興臨院」です。

能登(現在の石川県)の守護、畠山義総が創建し、その法名を取って寺名を興臨院とされたそうです。

石組みは、仙人が住む理想世界「蓬莱(ほうらい)」をイメージしたものです。

そして右手にある石組みは中国にある天台山で、そこにかかる石橋をイメージされたようです。

f:id:yokusen:20180410104005j:image

 

 

 アップ。

天台山といえば、比叡山最澄さんや喫茶養生記栄西禅師など仏教の大家が留学したすごいお寺があるとこです。

そして有名な寒山拾得がお住まいになられていたところ。

じつはこの方丈の襖絵、寒山拾得でした。数百年変えられてないそうです。

庭1つ見るだけでもこだわりが見えますねー。

f:id:yokusen:20180410103540j:image

 

 

茶室・涵虚亭。
古田織部好みの四畳台目の茶室です。

(四畳台目とは、丸畳四畳の客座と台目畳一畳の手前座とで構成された茶席です)

f:id:yokusen:20180410103711j:image

 

 

お寺の方いわく、日本一小さい禅寺の石庭。

渡り廊下の間にちょこんと作られたこの感じ、ちょっと可愛いですね

f:id:yokusen:20180410104610j:image

 

 

 本当にいたるところにお庭が、、

宇宙を表した庭とのこと。

お寺のどこにいても修行なんですね。

f:id:yokusen:20180410104656j:image

 

 

石庭だけではなく苔庭も。

一回観光しただけじゃまったくわかりませんね。

また勉強しなおします笑

f:id:yokusen:20180410104744j:image

 

 

  • 京都最強人気スイーツ絶品「わらび餅」を食べながら日本庭園を!?

京都といえば和菓子!

京都は和菓子を作る技術も高いのですが、原材料が一級品なんです!

その原材料であるわらびを、ふんだんに使ったスイーツが食べられるお店があります!

https://tabelog.com/kyoto/A2601/A260503/26001872/

 

 

大徳寺からバスで5分、立派な白壁で囲われた日本家屋が見えてきます。

青い暖簾が目印です。

京都で暖簾を見ると、一瞬入るか迷いますが安心してください笑

f:id:yokusen:20180410104141j:image

ここの一番のおすすめスイーツは「わらび餅」!

もう見た目から味からすごいんです。。。

 

ご覧ください、輝いてます!!

本わらび粉使用&凝固剤不使用のわらび餅は口にも体にも優しい、、

ぷるぷるの食感がたまらない!!

黒蜜をかけて食べるともう病み付きになります。。

f:id:yokusen:20180416231624p:plain

 

 

そして京都は味を楽しむだけじゃないんです。

わらび餅から視線を上にズラすと中庭が見えます。

f:id:yokusen:20180410104237j:image

 

 

そうです!格式高い日本庭園が見えるのです!

サッシを額縁に見立てて、左右にわざと大きな木を植えて日本画の構図を意識している。

まるで一枚の絵のように作られています。

f:id:yokusen:20180410104427j:image

手入れに時間かかるだろうなー😭

 だからころ来たい!と思わせる素敵カフェでした!

 

 

 

  • 道家よくせんのSNS、ホームページはこちら。

フォローよろしくお願い致します。

 

・インスタグラム

www.instagram.com

 

・ホームページ

https://kissaekyoto.wixsite.com/yokusen

 

ツイッター

twitter.com

 

アメブロ

ameblo.jp

 

・旅好き茶道家よくせんのブログ「煎茶道編」

yokusen.hatenablog.com

 

翼仙

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

【京都旅行ブログ】「銀閣寺」周辺で行くべき絶景観光スポット4選【平安神宮などデートや大人の休日に】

こんにちは。
旅好き茶道家のよくせんです。
今回は日本人なら誰もが知っている銀閣寺周辺のおすすめスポットを紹介していきます。京都が一望できる絶景観光スポットも載せているのでぜひご覧ください!
 
 
【目次】
 

 
 
平安神宮は平安遷都1100年を記念して、明治28年に遷都のおや神様である第50代桓武天皇、第121代孝明天皇をご祭神として京都岡崎に創建されました。
桓武天皇といえば「なくよウグイス平安京」でおなじみ、京都に都を移された方です。
平安京大内裏の正庁を模した応天門、大極殿など朱塗りの建築が美しい。
(写真上から応天門、左下が大極殿、右下が白虎楼)
修学旅行の定番のようで、学生たちや外国の方も多く見受けられます。
f:id:yokusen:20180226113816j:image
 
 
境内は左右対称のシンメトリーで形成されています。
また西側の白虎殿の対極である東側には青龍殿(写真下)を置いています。
京都は五行陰陽(簡単に言うと風水)でつくられた街と言われています。
平安神宮も造営当時は風水によって建物の名前などが決められていたようですね。
f:id:yokusen:20180408162936j:image
 
 
 
 平安神宮神苑は、有名な京都の作庭家:七代目小川治兵衛氏が作庭したものです。
(他には無鄰菴や南禅寺、二条城の庭なども手掛けたレジェンド)
南・西・中・東と4つの神苑から成り、それぞれ異なる趣を持ちます。
私のおススメは春の時期、八重紅枝垂桜や花菖蒲など綺麗なお花が咲く時期が観光のねらい目です。
 
 
八重紅枝垂桜と白虎殿。
青空とのコントラストが映えますね。
f:id:yokusen:20180408163012j:image
 
 
枝垂れ桜。
満開の時はこんなに所せましと花びらをつけるんですね。
f:id:yokusen:20180408163020j:image
 
 
臥龍橋。
雅な日本庭園からいきなりの禅宗庭園への様変わり。
このギャップがいいですね。
f:id:yokusen:20180408162944j:image
 
 
泰平閣
神苑栖鳳池の中央付近を東西にまたぐ橋で、京都御所にあった京都博覧会の建物を移築したものです。屋根は桧皮葺で、二層の楼閣の頂には西向きに青銅の鳳凰があります。
f:id:yokusen:20180408162951j:image
 
 
尚美館
京都御所にあった京都博覧会の中堂を移築したものです。
要はゲストハウスみたいな役割ですね。
絵になります。
f:id:yokusen:20180408163001j:image
 
 

実はここ、私の一番の京都おすすめスポットなんです。

京都は寺社巡りなど、地上からしか見ないことが多いんです。

そんな京都を上から見たら面白いことが分かるんです。

 

住所:京都府京都市左京区鹿ケ谷菖蒲谷町

 
 
 
京都の東部にそびえ立つ「大文字山
五山の送り火の火床として有名な山です。
ここは京都が一望できる景勝地(展望台?もあります)として有名です!
 
 
天気が良いと、どこか景色が良いところ行きたくなりませんか?🤗
ここなら家族連れでも行けるのでオススメです!
オニギリ🍙もって登ってきました爆笑
 
 
 
銀閣寺の裏手にある登山口から展望エリアまで約40分。
山道ではありますが、比較的整備されてるので(にしても僕は翌日筋肉痛なりましたが😭)楽に登れました。
分かりづらいので一応地図でアクセスの説明を!

f:id:yokusen:20180417131151p:plain

 とりあえずは銀閣寺の正門を目指してください。
正門に着いたら左折。
人通りは少ないですが(知っている方があまりいないの)あとは一本道です!
 
 
大文字焼の火床に到着!(火床は山頂より景色が良く、座るところが多いです)
見てくださいこの絶景!山の稜線がキレーに見えます⛰✨
雲が近い!京都が山に囲まれてるのが分かります!
{3718F7A6-9E8B-4F90-9A0F-5EBD1EE9AD49}
老若男女、幼稚園児の遠足からおじいちゃんおばあちゃん、最近だと外国人観光客まで色んな方々が登られてます。
 
 
大文字山の火床。
このブロックの間で火を起こすんですね!
{F38146C5-BFC4-4B1F-8740-6826A49AFF2D}


 
 
ススキと京都一望🎑🌾
秋だな〜🌇
{E7590F45-F130-446B-B6CA-D5D7E275672E}


 
 
 
左手にある山が世界遺産清水寺」がある音羽山
市街の真ん中にある森が京都御所
さらにその手前にあるのが京大裏の吉田神社がある吉田山です。
投稿写真
京都オールスターが見えます。
全部見えます。
ここでおにぎりを手にピクニックするのが本当に最高なんです!
いやー景色をおかずにご飯がすすむ。
 
 
追記:上空からトンビがご飯狙ってるので気をつけてくださいね笑
 
 

 
 
大文字山から下山後に銀閣寺へ。
向月台(こうげつだい)と銀沙灘(ぎんしゃだん)。
{0BF5EA79-D1B5-4DEC-98A8-D2489283E979}
向月台は、この上に座って銀閣寺の裏手にある山「月待山」からの月を見るための場所と言われていますが、詳細は不明です。
銀沙灘は、月の光を屋内に入れて明るく照らすためにあると言われています。
また砂で描かれた紋様は波紋をイメージしたもので、要は枯山水を実用的にしたものですかね?
 
 
 
釣り鐘型の花頭窓から見る銀沙灘(ぎんしゃだん)
※花頭窓とは上部が斜頭アーチ状の窓のこと
この木枠はどうやって窓枠曲げるんや笑い泣き
{B7140DE3-3176-4A22-8387-1D27DD526E3B}
 
 
 
お庭の北斗石が配置された池。
月光の銀沙灘といい北斗七星の池といい、空をイメージしたお庭なんですかね。
{5CA7B884-75FE-4384-B4DC-4337CB1CFD0E}
 
 
 
有名な銀閣寺の国宝「東求堂」
ここと銀閣本堂のみが室町時代からの建物です。
約500年続く木造建築、観れるのがもう奇跡です。

 

 
「迎仙橋」
この石橋も情緒がでますね。
実はこういうお寺の庭の石組みや白砂ってちょっとしたものでも
意味があったりするんです。
{00F7D9E2-B299-45EB-BDCC-AF3DA20EF865}
おそらくこれは天台山の石橋に見たてているのでは。
(天台山の石橋とは…天台大師が天台山に初めて登ったときに仙人と会った場所)
 そういうストーリーをイメージしながら庭園散策するのも密かな楽しみです☆
 
 
そして銀閣寺のメイン。
観音殿(国宝)です。
唯一現存する室町期の楼閣庭園建築の代表的建造物だそうで、その貴重さがわかります。
投稿写真
大文字山をトレイルした後の、芸術鑑賞。
んーーーこのギャップがいいですね笑
 
 
以上銀閣寺周辺のおススメ観光スポットでした。
大文字山は本当に美しい景色がみれるのでぜひ行ってみてください^^
 
 
  • 道家よくせんのSNS、ホームページはこちら。

フォローよろしくお願い致します。

 

・インスタグラム

www.instagram.com

 

・ホームページ

https://kissaekyoto.wixsite.com/yokusen

 

ツイッター

twitter.com

 

アメブロ

ameblo.jp

 

・旅好き茶道家よくせんのブログ「煎茶道編」

yokusen.hatenablog.com

 

翼仙

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村