茶道家よくせんの日本旅行・寺社巡りのブログ

旅好き茶道家よくせんの旅行ブログです。日本各地の地域文化の良さを発見し、それを発信します。日本の良さを表現できる茶道家になります!

【鹿児島旅行ブログ】いざ、絶景で世界遺産の温泉へ2日目!【大人の休日デートにも】

こんにちは。

旅好き茶道家のよくせんです。

前回の1日目の旅から結構な満足具合でございました☺️(さすが鹿児島)

 

 

けっこうスケジュールがタイトで、時間の割に観光名所行き過ぎと

言われます笑

九州には滅多に来ることがないので、欲張って色々見て回っちゃうんですよね。2日目の旅行もめっちゃ観光名所行きますよ♪(´ε` )

 

 

【目次】

 

 

 

日本一の焼き物「薩摩焼」の郷へ

 

www.kagoshima-kankou.com

皆さんは自宅にお気に入りの焼き物はありますか?私はビールマグは焼きしめた信楽焼煎茶道具は磁器の京焼、料理を乗せる皿は蒼い出西窯を、米を炊くなら伊賀焼の釜を使います(さすがにくどい?笑)各都道府県には魅力的な窯場がたくさんあって、特徴がありますよね。その中でこの薩摩焼は凄いんです。日本一美しい陶器と言われています。

 

 

薩摩焼は白薩摩と黒薩摩があり、文字通り表面の色合いです。白薩摩は薩摩藩の当主である島津家のみ使用を許されていましたが、余りの美しさから評判を呼び、今では天皇陛下のお部屋にも飾られてるとか。

 

 

そんな私はもちろん「白薩摩」を購入しました(気持ちは大名家です)クリーム色の表面、透明な釉薬の中には無数の貫入(ヒビのこと)、江戸時代の琳派のような色絵(金の下地に大和絵を鮮やかに描く派閥)が描かれています。

 

 

その技術、薩摩焼の歴史、作家さんのストーリー。使うたびに鹿児島の美しい情景を思い出します。ますます愛着が湧きますね。

 

 

お土産の話で脱線しました。

鹿児島市内から車で約一時間。

「美山焼物の郷」に到着します。

沢山の窯元さんのギャラリーやら物販スペースがあります。

 

 

その中で「薩摩焼」を詳しく知りたい方はこちらに行ってくだい。第15代沈寿官(ちんじゅかん)窯のギャラリーです。

www.chin-jukan.co.jp

 

 

無料駐車場に車を置くとすぐ目の前にある沈壽官(ちんじゅかん)窯に行きました。薩摩焼の歴史は豊臣秀吉の時代、朝鮮半島に攻め入った事から始まります。つまり薩摩藩が400年前に連れてきた朝鮮人陶工からの15代目なのです。

f:id:yokusen:20180828112827j:image

九州というのは朝鮮や中国から近いため、鎖国の時代も、文化や人が多く往来していました。薩摩藩琉球(いまの沖縄県)を介して中国と貿易していました。なので生活の隅々に中国やら朝鮮の影響を受けた痕跡が見られます。

 

 

 

 

沈寿官窯の立派な門の先には「石敢当(いしがんとう)」がありました。それは道の突き当たりや門・橋などに「石敢当」の3字を石に刻んで立てたもので、邪気を払うとされます。中国から伝わった独特の文化です。
f:id:yokusen:20180828112802j:image

 また門の奥には石像があり、これは「トルハルバン」と言います。朝鮮のチェジュ島の文化で魔除けの意味があり、石製の爺さんという意味だそうです。これ以外に日本で見かけるんですよね(京都の晴明神社とか)陰陽道に関係してるのかな?

 

 

すでに門からしてグローバル。さすが鹿児島。

しかし驚くなかれ。門をくぐり、奥に行くと沈壽官の登り窯があります。朝鮮人陶工が日本に来るまでは、登り窯は存在しませんでした。もしかしてこれは、日本最古の朝鮮人陶工オリジナル登り窯では?!文化を伝えてくれた事に感謝です。f:id:yokusen:20180828112737j:image

 

 

近くには登り窯で使用する薪が積まれていました。薩摩焼は陶器です(正確には陶器と磁器の間の炻器)薪で火を焚くことにより、自然風味な焼きムラがつきます。それが陶器の良さになります。
f:id:yokusen:20180828112846j:image

 

 

いやー買っちゃいましたよ。白薩摩の後手急須です。

優しい膚色を基調として、ガラスばりに透明な釉薬の中には貫入が良い風味を出してます。表面にはツタに釣り下がる葡萄(ぶどう)が描かれています。葡萄はその果実の実りの多さから多産・豊穣・豊かさの象徴です。注ぎ口にまで丁寧に描かれていて可愛い^^
f:id:yokusen:20180926191458j:image

 

 

 

 鹿児島の昔ながらの街並みを見る!

www.kagoshima-kankou.com


薩摩焼の郷から車で約1時間半、山間にある集落に着きました。いくつか町営の駐車場があってそこに適当に停めます。駐車場の角にも「石敢富」がありました。
f:id:yokusen:20180828112823j:image

 

 

あまりにも山間にあるので期待してませんでしたが、その分驚きました。街並みが整理されていて綺麗ですね。生垣やら石垣がちゃんと整えられてます。
f:id:yokusen:20180828112815j:image

まっすぐな道の先はT字路になっています。ここは武士の町。敵方に攻め込まれた時に相手の勢いをころすためにT字路やY字路が多いそうです。ここは薩摩藩の外城(鹿児島各地に点在してる武士の居住集落)常に戦を前提に作られているんですね。 

 

 

薩摩二ッ家

格式を重んじる薩摩独特の家の形状です。客人をもてなす「オモテ」とトイレや台所など日常生活の「ナカエ」が分かれています。つまり二棟の家があるんです。その間は樋の前(といのま)で繋がっています。
f:id:yokusen:20180828112842j:image

 

 

同じ日本の古民家でも東北と鹿児島だとけっこう違いがありますね。なんとなくL字の感じが「南部曲り家」に似ていると思いましたが、こっちの古民家は縁の下があったりと開放的な感じ。温暖な気候だからかな。
f:id:yokusen:20180828112733j:image

 

 

家の周りの石垣は綺麗に積まれてます。石積みと言えば沖縄の世界遺産「中城城跡(なかぐすくじょうあと)」を思い出します。万里の長城を作った中国の高い土木技術由来なんでしょうが、整然と積まれてる感じがどこか美しい。
f:id:yokusen:20180828112834j:image

 

 

またお庭も美しいんです。

枯山水の石庭のようですが、ツツジやゴツゴツした巨岩を上手く生かして庭に配置しています。家の縁側から見たらまるで絵画のように上手く配置されています。この美意識はどこから来ているのか。
f:id:yokusen:20180828112811j:image

都市伝説的な話ですが、鹿児島には平家の落人が上陸したそうです。もちろんこの辺にも来ていたそうで、京都の美意識をベースとしてこういう庭がつくられたのかな。この辺はキツイ薩摩訛りじゃなくて、上品な京言葉を話される方がいらっしゃるそう。

 

 

次は世界遺産の指宿温泉へ。ここから約1時間程度で到着します。

道中は見渡す限りの茶畑、そう有名な「知覧茶」です。

この茶畑も平家の落人が京都から持ってきたお茶の種を植えて出来たとか。

ちょっと寄り道してどれくらいの茶畑があるか見てみましょう。
f:id:yokusen:20180828112819j:image

 

 

茶畑の絶景「大野岳展望所」

www.kagoshima-kankou.com

 

 

知覧と言えば「お茶」が有名です。茶葉の生産高は日本で2番目に多いんです。市町村別で言えば収穫量は日本で1番多く、つまり茶畑の密度が日本一高い。一面緑の楽園のような風景が見れます。
f:id:yokusen:20180828112838j:image

 

 

 

IPHONEで撮影してこれ。めっちゃ綺麗じゃないですか。

なだらかな平野の大地に、そこ狭しと茶畑があります。
f:id:yokusen:20180828112742j:image

 

 

野岳展望所はこういう風になってます。

180度の景色が一望できるように整備されてます。

f:id:yokusen:20180902160142j:image

 

 

薩摩半島の名山「開聞岳」も見えます。

ここでピクニックがてら茶畑を見て、開聞岳を見て、鹿児島に暮らすありやなー。

f:id:yokusen:20180902160147j:image

 

 

展望所の反対側も凄い。

東シナ海と海沿いの茶畑が一望です。
f:id:yokusen:20180828112754j:image

 

 

茶畑ってなんでこんなに綺麗なんでしょう。

整然と植えられてるし、何より青々とした葉っぱが美しい。

露払いのプロペラ風車も茶畑って感じですね。
f:id:yokusen:20180828112850j:image

 

 

 

え、鹿児島が浦島太郎の聖地なの!?

www.travel.co.jp

 

開聞岳を見上げる薩摩半島の南端には、竜宮伝説が残る歴史深い神社があります。

その名も「竜宮神社」そのままですね笑
f:id:yokusen:20180828112750j:image

 

 

楼門はどこか中国趣味。

朱色の壁面が目を引きます。
f:id:yokusen:20180828112758j:image

 

横からは開聞岳が綺麗に見えます。手前の崖を下ると海岸線にでます。そこにはウミガメの産卵ポイントがあります。やはり浦島太郎伝説はここが発祥なのでしょう。

f:id:yokusen:20180828112729j:image

 

 

 

日本一の絶景露天風呂♨︎

www.seika-spc.co.jp

 

竜宮神社の近くには、トリップアドバイザーが選んだ最強の温泉があります。開聞岳と太平洋の大海原を一望できるインフィニティスパです。

f:id:yokusen:20180902014507p:plain

たまてばこ温泉

市営の温泉なので気軽に入れます。指宿に旅行した際は是非寄ってみて下さい。

 

 

 世界遺産の砂むし風呂!!

www.ibusuki.or.jp

 

指宿と言えば自然由来の地熱です。元から砂浜が熱いので、海岸線の砂浜で砂蒸し風呂に入ることが出来るんです。自然の地熱で熱いって世界でここだけ?

f:id:yokusen:20180902015049p:plain

世界唯一の天然砂蒸し風呂

 

 

しっかり入砂してきました♪

10分以上の入砂は低温火傷の恐れがあると警告がありました。たしかに砂浜も熱くてびっくりするほどの温度でした!

f:id:yokusen:20180905185240j:image

さすが火山と共生する街「指宿」🌋

鹿児島はあの坂本龍馬も療養しに来るほどの温泉大国♨️しっかり癒されました(^^)

 

 

 

 

  • 道家「よくせん」とは~

煎茶道 黄檗賣茶流教授 東叡山翼仙(とうえいざんよくせん)

宮城県大崎市出身。

大学在学中に煎茶道の先生と出会い、お稽古を始める。(2008年)

500年続く京都の老舗和菓子屋で働く傍ら、大宗匠宗匠に師事する。

25歳の時に煎茶道黄檗賣茶流教授になる。(2015年)

茶名「翼仙」は黄檗賣茶流宗匠・通仙庵孝典氏によって命名

同流では唯一東北で煎茶道を教える教授資格者として、日本茶ワークショップや煎茶道教室を企画中。

【主な実績】

黄檗宗総本山萬福寺主催「全国煎茶道大会・月見の煎茶会」

山王総本宮日吉大社「茶摘式・献茶式記念茶会・紅葉茶会」

臨済宗円覚寺派浄智寺「椿茶会」

近江神宮「春の煎茶会」

京都日月下玄庵「喫茶会」

おおさき茶論

日本茶ワークショップ「初手前三法」

地元紙や専門誌など多数のメディアに取り上げられる。

 

 

  • SNS、HPはこちら!フォローお願いします。

 

・インスタグラム

www.instagram.com

 

・ホームページ

https://kissaekyoto.wixsite.com/yokusen

 

ツイッター

twitter.com

 

アメブロ

ameblo.jp

 

・旅好き茶道家よくせんのブログ「煎茶道編」

yokusen.hatenablog.com

 

翼仙

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村