茶道家よくせんの日本旅行・寺社巡りのブログ

旅好き茶道家よくせんの旅行ブログです。日本各地の地域文化の良さを発見し、それを発信します。日本の良さを表現できる茶道家になります!

【熊本旅行ブログ】大自然を堪能できる最高の県でした!【大人の休日デートにも】

こんにちは。

旅好き茶道家の翼仙(よくせん)です。

皆様は休日や連休はいかがお過ごしでしょうか。

私は2週連続で旅行しちゃいましたよ♪

 

今回は九州は熊本・鹿児島旅行に行ったときの様子をブログにしました。

最近はNHKドラマの「西郷どん」のおかげで観光客が伸びてきたようで、多くの観光客の方がいらっしゃいました。

かくゆう私も西郷どんに影響された1人ですが笑 

 

 

せっかく鹿児島に行くことですし、隣県の熊本にも寄りました。

旅の日程としては阿蘇くまもと空港に到着してから熊本市内に1泊、鹿児島に2泊して鹿児島空港から帰宅します。

 

 

九州と言えば農業王国のイメージ。

お茶っ葉の生産も盛んだし、日本で最も古い歴史を持つ地域出し、伝統工芸も沢山あり魅力的。何より九州は中々行く機会がないので楽しみです)^o^(

 

 

関西国際空港から飛び立った飛行機の中から見る九州は一面の緑。私の地元の友人の伊藤君は養豚農家で、鹿児島の黒豚養豚農場で修行していました。彼から興奮気味に教えられた九州の情景はずばり大規模農業です👨‍🌾東北地方は日本の米所として有名ですが、土地のしがらみがまだ強く、大量生産という意味での農業の効率化が出来ていないと言われています。

 

 

そんな彼が見た九州の農場や牧場は、自分の理想とするものを見たようで、とても魅力的に話してくれました。なので私の中のイメージは九州=農業大国。

そんな九州の採れたて野菜やミルクをいつかはお腹いっぱい食べたいと思っていました。

 

 

阿蘇の大草原を使った牧畜🐮

阿蘇くまもと空港に到着後にレンタカーで車を手配。その後真っ先に向かったのは「阿蘇ミルク牧場」です。

aso-milk.jp

f:id:yokusen:20180902012633j:image

 

 

ここでは阿蘇の赤牛を使った料理やジャージー牛から採れたミルクをふんだんに使用した食べ放題バイキングのレストランがあるんです。朝早く出発したのでここでランチ。

ãé¿èãã«ã¯ç§å ´ ã©ã³ããã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

阿蘇の採れたて野菜も食べ放題🥦✨

最高に美味しかった!

 

 

ランチ後には牧場内を散歩。

阿蘇ミルク牧場は高台の上に作られているので、阿蘇の広大な大地を見渡しながら散歩することが出来ます。
f:id:yokusen:20180902011342j:image

 

 

牛や馬などもいましたが、仔羊もいました。

子供たちに人気。

やはり可愛いですね。
f:id:yokusen:20180902011239j:image

 

 

俵山峠展望台へ!

阿蘇ミルク牧場から次の目的である「白川水源」に向かう途中、県道28号線沿いにある、気分爽快!スポット「俵山峠展望所」へ行って来ました!

www.jalan.net

 


標高710mの場所にあるこちらの展望所ではとても綺麗な景色が見えます。 九重連山から米塚、阿蘇五岳北外輪山、南外輪山など阿蘇全体が見渡せる絶景スポットです。
f:id:yokusen:20180902011257j:image

 

 

おお。

岩肌が見える美しい山々。

木々が生い茂る大地。

今から真ん中に見えてる阿蘇五岳に向かいますよー。
f:id:yokusen:20180902011249j:image

そして何よりこの地域が、火山活動によって出来たカルデラ地であることに感動を覚えます。(カルデラとは…火山の活動によってできた大きな凹地のことである。「 釜」「鍋」という意味のスペイン語に由来し、カルデラが初めて研究されたカナリア諸島での現地名による。)以前は火山が煮えたぎっていた場所だと思うと、地球ってすごいなあと。

 

 

 

飲める川「白川水源」!?

kumanago.jp

白川水源とは、南阿蘇の湧水の代名詞とも言える水源で、一級河川「白川」の総水源。

毎分60トンもの湧水が地底の砂とともに、勢いよく湧き上がり、とうとうと流れる水音は、絶えることなく人々の耳に心地よく響き渡ります。

湧水がチョロチョロ出ているのは見た事がありますが、川になるほどの水量がある湧水は見た事がありません。

 

 

近くまで行くと無料駐車場が完備されています。
f:id:yokusen:20180902011330j:image

 

 

水源と言っても山深くではなく、阿蘇神社の末社である「白川吉見神社」内にあり、鳥居をぐぐるともう目の前に清流が勢いよく流れています。
f:id:yokusen:20180902011305j:image

 

 

さらに奥に進むと、ついに来たよ「白川水源」

見てください写真からでも分かる透明度!

まさに清流です。

f:id:yokusen:20180902011235j:image

 

 

タイトルにもあるように、この川、そのままゴクゴク飲めるんです。

手前の男性の方も、ペットボトル片手に水を汲んでゴクゴク飲まれていました。

ここではペットボトルを持参すれば自由に水を持って帰れるんです(入場料金はかかりますが笑)
f:id:yokusen:20180902012629j:image

こんなんめっちゃ外国人が好きそうなエリアですね。

英名は「ミネラルウォーターリバー」でいかがでしょうか。

水が湧くのを見た事がない中東の人なんか信じられないくらい観光しにきそうです。

 

 

ドクドクと地下水がわき出ているエリア。

もう言葉が出ないくらいに美しいです。

水が留まっているか分からないほどの透明度で、神秘的というか妖精が住む池みたい。
f:id:yokusen:20180902011334j:image

 

 

そして何より水が美味い!

冷たくてクセがない水はゴクゴクといくらでも飲めます。
f:id:yokusen:20180902011231j:image

 

 

この水源地を守る神社にも感謝を込めて参拝しましょう。
f:id:yokusen:20180902011313j:image

 

 

こけむした石の手すりなんか歴史を感じますね。

どれくらい昔から建っているのでしょうか。
f:id:yokusen:20180902011242j:image

 

 

阿蘇の草原で行われる進化した牧畜「周年放牧」

次の目的地である草千里に向かう途中、牧場を見かけました。

阿蘇の大草原は草地の改良により、冬場の放牧も可能になったそうです。

この広い大地でのびのびと生育されている阿蘇赤牛をご覧ください。
f:id:yokusen:20180902011319j:image

土地が広いって素晴らしいですね。

この周年放牧をすることにより、ストレスを減少させ、脂身の少ない美味しい赤身がとれるようになります。

 

 

牛が小さく見える。

何より見ていて気持ち良いですよね。

自然って美しい。
f:id:yokusen:20180902011323j:image

 

 視界すべてが緑になる!?

kumanago.jp

阿蘇五岳の一つ、烏帽子岳の北麓に広がる火口跡にある78万5000平方メートルの大草原と、雨水が溜まってできたといわれる池とが織りなす自然のコントラストが非常に美しい場所です。
f:id:yokusen:20180902011309j:image

 

 

阿蘇五岳のドライブのついでに寄れることから、のんびり散策される方が多く、ゆっくりとした時間が流れる場所です。散策用に乗馬体験もあり、まるで日本ではないみたい。

ãèåéã¶æµãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

 

 

 

www.jalan.net

草千里ヶ浜を発ち、熊本市に戻るまでのドライブコースを進んでいると、この米塚が見えてきます。まるで「お椀を逆さにしたような形」と言われています。
f:id:yokusen:20180902011352j:image

 

 

近くにいくと、その形がはっきり分かります。

どこか優しい形をしている。
f:id:yokusen:20180902011402j:image

 

 

ドライブウェイには山肌がくっきり見えるポイントもいくつかあります。

米塚にちょうど手前にはこんなに山に接近するポイントが。
f:id:yokusen:20180902011339j:image

 

 

 

熊本駅に到着。

大満足のドライブコースは名残惜しいですが、疲れと空腹からとりあえずホテルを目指します。熊本駅は全面がまっ白く、レトロな感じで素敵です。
f:id:yokusen:20180902011254j:image

 

 

熊本のデパート「鶴屋百貨店

仕事柄なんども聞いたことはあったのですが、ようやく拝見できました。

めっちゃ大きいですね。
f:id:yokusen:20180902011316j:image

 

 

郵便ポストの上には熊本民謡で有名な「おてもやん」の石像があります。
f:id:yokusen:20180902011355j:image

 

 

絶品の馬肉料理を出す店

関連ランキング:居酒屋 | 通町筋駅熊本城・市役所前駅水道町駅

馬刺しが美味すぎる。。。

今まで食べた肉の中で一番美味しい!!
f:id:yokusen:20180902012626j:image

 

 

からしレンコン。

絶品。なんやこれ。

最後に揚げるのが美味しさを引き出す秘訣なのか。
f:id:yokusen:20180902011301j:image

 

 

 

 

  • 道家「よくせん」とは~

煎茶道 黄檗賣茶流教授 東叡山翼仙(とうえいざんよくせん)

宮城県大崎市出身。

大学在学中に煎茶道の先生と出会い、お稽古を始める。(2008年)

500年続く京都の老舗和菓子屋で働く傍ら、大宗匠宗匠に師事する。

25歳の時に煎茶道黄檗賣茶流教授になる。(2015年)

茶名「翼仙」は黄檗賣茶流宗匠・通仙庵孝典氏によって命名

同流では唯一東北で煎茶道を教える教授資格者として、日本茶ワークショップや煎茶道教室を企画中。

【主な実績】

黄檗宗総本山萬福寺主催「全国煎茶道大会・月見の煎茶会」

山王総本宮日吉大社「茶摘式・献茶式記念茶会・紅葉茶会」

臨済宗円覚寺派浄智寺「椿茶会」

近江神宮「春の煎茶会」

京都日月下玄庵「喫茶会」

おおさき茶論

日本茶ワークショップ「初手前三法」

地元紙や専門誌など多数のメディアに取り上げられる。

 

 

  • SNS、HPはこちら!フォローお願いします。

 

・インスタグラム

www.instagram.com

 

・ホームページ

https://kissaekyoto.wixsite.com/yokusen

 

ツイッター

twitter.com

 

アメブロ

ameblo.jp

 

・旅好き茶道家よくせんのブログ「煎茶道編」

yokusen.hatenablog.com

 

翼仙

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村