茶道家よくせんの日本旅行・寺社巡りのブログ

旅好き茶道家よくせんの旅行ブログです。日本各地の地域文化の良さを発見し、それを発信します。日本の良さを表現できる茶道家になります!

【宮城旅行ブログ】日本初!金がとれたの宮城県が初めてって知ってました?【大人の休日・歴史探訪】

こんにちは。

旅好き茶道家のよくせんです。

今回は宮城県涌谷にある箟峯寺(こんぽうじ)に行ってきました。

 

www.jalan.net

 

無夷山箟峯寺(むいさんこんぽうじ)とは

宮城県涌谷にある篦岳丘陵の一山に居する東北の古刹です

807年坂上田村麻呂が創建。

849年3代目天台座主である円仁が中興し無夷山篦峯寺(むいさんこんぽうじ)と名付けます。

箟岳山(ののだけやま)の山頂にあり、奥州三十三観音の第九番札所に数えられています。

 

 

 

近くには参拝者用の無料駐車場が完備されており、観光にもグッドです👌

一応隣町に住んでいますが、来たのは今回が初めて。しっかり見ていきましょう😊

 

 

駐車場に車を停めたら、急な石段がありました。

かなり昔のものらしく、ゆっくり確実に登っていきます。手すりがあるのが良いですね👌

f:id:yokusen:20180624221533j:image

 

 

登り終えると、立派な仁王門が見えてきます。

門の中にいる仁王様が、邪気が入ってこないよう見張ってくれます。
f:id:yokusen:20180624221459j:image

 

 

こちらが仁王様。

最初見たときはマジで怖かったです!

かなりリアル!!

背丈も同じぐらいで、人間がたっていると勘違いしたぐらいです。
f:id:yokusen:20180624221516j:image

防虫・防腐用に朱色が塗ってあり、恐ろしさが倍増しております。

これくらい怖くないと門番は出来ないですね。。。 

 

 

天井からは注連縄が垂れ下がっています。

門には草鞋もありました。

神仏習合修験道に影響をうけているお寺だということが分かります。
f:id:yokusen:20180624221552j:image

 

 

門をくぐり龍の手水舎で身を清めます。

実は龍って水の神様なんです。

だから手水舎で水を出してくれてるんですかね。
f:id:yokusen:20180624221548j:image

 

 

石灯篭には鹿が描かれています。

ここ箟岳山は、松島湾から伸びる箟岳丘陵の一角にあります。

宮城の海沿いには鹿を神様の使いとして見る信仰があります(牡鹿半島など)
f:id:yokusen:20180624221507j:image

 

 

山上密教天台宗のお寺です。

山だらけの宮城県北部にぴったりですね。

天台宗の始まりは、山の上で修行する密教スタイルが原点です。

f:id:yokusen:20180624221540j:image

立派な文字で「無夷山箟峯寺」

どういう意味なんでしようか。

 

 

夷の意味

 未開の人。えびす。野蛮人。

つまり山号の無夷山とは、かつてこの地域に大和朝廷から派遣されてきた坂上田村麻呂から見た野蛮人がいたということになります。

そう、皆さんご存知かと思いますが、東北周辺は夷狄(いてき)と呼ばれるエミシ(蝦夷:東北の先住民)の支配地域でした。

 

 

そんなエミシを制圧した後、大和朝廷の信仰である仏教を導入し、エミシを制圧して、いなくなった山ということで無夷山と付けたのでしょう。

宮城県北部はアイヌ語をベースとした地名が多いです。

気仙沼とか田尻とか)

 

 

篦峯寺(こんぽうじ)は恐らく金峰(こんぽう)に掛けた言葉と思われます。

ここ宮城県涌谷日本初の砂金産地として全国的に有名です。

奈良の大仏涌谷の砂金なしでは作れず、当時の聖武天皇は日本で砂金が採れることを知って狂喜し、天平時代と改めるほどの大発見だったそうです。
f:id:yokusen:20180624221521j:image

砂金は溶かされ、水銀と配合されてアマルガムというメッキが出来上がります。

(砂金➕水銀=アマルガム

錬金術ですね!

 

 

アマルガムは加工しやすく、大仏の表面を覆うメッキになります。防腐、防虫の効果が抜群だったそうです。

 

 

ちなみにこの水銀は、丹(に)と呼ばれ神社の朱塗りに用いられるなど重宝され、水銀が採れる地域には丹生神社がつくられました。恐らくスピードスケートで有名な羽生選手の名字の由来もここから来ているのでしょう。

 

 

それにしても立派なお堂です。

組物や蟇股の木工細工が見事です。

東北は中央に奥羽山脈(日本一巨大な山脈)があり、木材が豊富です。

なので木工技術は一流のものがあります(宮城の気仙大工、秋田の曲げわっぱ天童木工など)
f:id:yokusen:20180624221525j:image

 

 

大和朝廷が日本各地に進出するときは、稲作を伝えるなど、文化と共に進出してきたと言われています。王化政策(狩猟から農耕へ)と言われていますが、要は「稲作をして税を納めないさい」という事です。

 

 

農耕文化は見事に東北にフィットし、今では米どころ東北宮城として、一大産業になっています。

敗者の歴史は残りませんが、痕跡は感じ取れますね。
f:id:yokusen:20180624221529j:image

 

 

 立派な作りです。

格子窓も蔀格子のようで、貴族が住まう寝殿造りのよう。

f:id:yokusen:20180624221503j:image

 

 

参道からは宮城県北部の田園風景や遠くは石巻牡鹿半島の景色が一望できます。

松尾芭蕉が歩いた「奥のおそ道」も見ることができます。
f:id:yokusen:20180624221603j:image

 

 

また参道には沢山の杉が植わっています。

大きい杉には「太郎杉」「三郎杉」など名前が付けられています。
f:id:yokusen:20180624221544j:image

 

 

「夫婦杉」

根本が1つになっており、そこから2つに分かれています。

不思議ですねーどういう構造になっているんでしょうか。
f:id:yokusen:20180624221556j:image

 

 

おまけ

箟峯寺に向かう道中、延々と田園風景など田舎な感じが続きますが、たまに道路横に石碑が見られます。

道祖神馬頭観音など、街道を歩く人を見守る神様は有名ですが宮城県はどんな石碑があるのでしょうか。

近くにいって撮影しました。
f:id:yokusen:20180624221600j:image

 

 

左には「八幡大神、天照皇大神春日大神

右には出羽三山の神社の名前が書いてあります。

この石碑も道中旅する人を見守る道祖神のような存在なのでしょうか。
f:id:yokusen:20180624221537j:image

 

 

  • 道家「よくせん」とは~

煎茶道 黄檗賣茶流教授 東叡山翼仙(とうえいざんよくせん)

宮城県大崎市出身。

大学在学中に煎茶道の先生と出会い、お稽古を始める。(2008年)

500年続く京都の老舗和菓子屋で働く傍ら、大宗匠宗匠に師事する。

25歳の時に煎茶道黄檗賣茶流教授になる。(2015年)

茶名「翼仙」は黄檗賣茶流宗匠・通仙庵孝典氏によって命名。

同流では唯一東北で煎茶道を教える教授資格者として、日本茶ワークショップや煎茶道教室を企画中。

【主な実績】

黄檗宗総本山萬福寺主催「全国煎茶道大会・月見の煎茶会」

山王総本宮日吉大社「茶摘式・献茶式記念茶会・紅葉茶会」

臨済宗円覚寺派浄智寺「椿茶会」

近江神宮「春の煎茶会」

京都日月下玄庵「喫茶会」

おおさき茶論

日本茶ワークショップ「初手前三法」

地元紙や専門誌など多数のメディアに取り上げられる。

 

 

  • SNS、HPはこちら!フォローお願いします。

 

・インスタグラム

www.instagram.com

 

・ホームページ

https://kissaekyoto.wixsite.com/yokusen

 

ツイッター

twitter.com

 

アメブロ

ameblo.jp

 

・旅好き茶道家よくせんのブログ「煎茶道編」

yokusen.hatenablog.com

 

翼仙

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村